「寺子屋 えのきばなし」結成記念
お話会のお知らせです!

大人が自分らしく生きる社会が
子どもにとって最高の教育の場になる!
「橋爪大輔のお話会
in 青森」

日時  2021年7月11日(日)
    13:30~15:30 (13時開場)
参加費 大人 2,000円
    大学生以下 無料
定員  50名
会場  青森県上北郡七戸町
    榎林山 長昌寺
主催  「寺子屋 えのきばなし」


あなたの夢は何ですか?

長女に「お母さんの将来の夢は何?」
こう聞かれたとき、私は即答できませんでした。
ただ目の前の日々の生活を送ることでいっぱいで、
自分が本当にやりたいこと、好きなこと、行きたいところ
夢や目標なんて、意識して生きていない自分に気づきました。

子どもに「夢は大きく!」「目標を持って!」
そんな風に教えているのに
それを実行している大人はどのくらいいるんだろう?
夢も目標も意識せずに生きている大人を見て
子どもたちは夢を持てるんだろうか?
私の中に、小さな疑問が生まれた瞬間でした。

子どもたちを取りまく「家庭・地域・学校」

子どもたちは、家庭・地域・学校で
たくさんの大人に囲まれています。
その大人たちの中で、いったいどれだけの人が
夢や目標を持ち、自分のやりたいことをやり
自分らしくいきいきと生きているんだろう?


現実には、子育てに悩み
地域のコミュニティは薄れ
不登校や先生たちの過重労働など
日々の生活に疲れ、心からの笑顔を忘れ
目の前の課題に対処するだけで精一杯の大人のほうが
多いのではないでしょうか?

自分らしく生きる大人が増えたらどうなるんだろう?

多様な価値観があふれ
先行きの見えない世界情勢の中で
漠然とした不安や、迷いを抱え
苦しみながら生きている大人たち。
そんな大人に囲まれている子どもたちが
夢や希望を胸に抱いて成長していけるわけがない!

・・・それなら、その逆を目指せばいいんじゃない!?

自分が本当に好きなこと
自分が本当にやりたいこと
自分の得意なことを生かして
自分らしくいきいきと生きている大人が増えれば
そんな大人の生き様から
子どもは一人で学び取っていくんじゃないかな?

どうすればそんな風に生きられるのかを
大人も子どもも一緒になって
共に学び共に成長していける
「共育」の場を作りたい!

目指したものは江戸時代の「寺子屋」

人々の心のよりどころであるお寺は
江戸時代の教育を支えた重要な場所でした。
自分らしく生きるということは
自分らしく死ぬことでもあります。
命ということを考えるのにぴったりな場所
本当のお寺で「寺子屋」をやりたい!

その思いを、この地域の菩提寺である
長昌寺の住職、菊池龍達さんに相談すると

菊池さんは二つ返事で快諾してくださり
どのように形にしていくか一緒に考えてくださいました。

そうして生まれたのが
「寺子屋えのきばなし」です!

榎林山 長昌寺

「寺子屋 えのきばなし」 代表
附田 由喜枝

1975年2月21日生まれ、宮城県東松島市出身。
東北学院大学卒業。
結婚を機に七戸町に移住。
2015年、自宅で公文式教室を開業。
2016年、七戸町教育委員を拝命。
~メッセージ~
普通の主婦だった私が、自分の子どものことを考えて始めた公文式教室をきっかけに、町の教育行政に関わることになり子ども達の教育環境について考えるようになりました。
誰も子ども達を苦しめようと思って接している人などいないのに、結果として子どもも大人も様々なことに悩み、苦しんでいるのが今の社会の現実だと思います。
どうすればみんながいきいきと自分らしく生きることが出来るのか、皆さんとともに考え理想の社会を実現するため、イベントを企画し実行していきます!

「寺子屋 えのきばなし」 共同代表
菊池 龍達

1986年8月21日生まれ、青森県大間町出身。
苫小牧駒澤大学卒業。
大本山永平寺安居。
北海道千歳市大禅寺 役僧。
青森県七戸町長昌寺 住職。
2018年、七戸町教育委員を拝命。
~メッセージ~
今を生きる私達はテレビ、インターネット、YouTube等で有益な情報を得ることが非常に簡単になりました。
しかし実際に様々な分野の講師の方をお招きし実体験からの成功談、失敗談等、リアルな声を直接お届けできれば、より一層関心も変わってくるかと思います。
地域の将来を担う子ども達の未来の選択肢が、一つでも増えてくれればというのが私の願いです。
本来お寺は生き方を学ぶ場であります。
共に学んでまいりましょう!

この地域に根差し、地方から活性化し、理想の社会を実現したい

子ども達が自分の可能性を信じ、自分の個性をいかして
未来に希望を抱いて生きていくことが出来るよう
様々な分野の、多様な価値観を知ることが出来る
そんな場所になりたいと考えています。

本物のお寺で学ぶ「寺子屋 えのきばなし」
そのはじめの一歩が
このお話会の開催です!

記念すべき第1回目の講師は橋爪大輔さん!

大人が自分らしく生きる社会が、
子どもにとって最高の教育の場になる!
「橋爪大輔のお話会
in 青森」

日時   2021年7月11日(日) 
     13:30~15:30(13時開場) 

参加費  大人 2000円
     大学生以下 無料
定員   50名
内容   橋爪大輔のお話
         &音楽ライブ
会場   青森県上北郡七戸町
     榎林山 長昌寺

支払方法 銀行振込
Hashizume Daisuke
橋爪 大輔
1985年、三重県に生まれる。
大阪府在住。

誰よりも早く、素直に実行する挑戦者。
「発信すること」を武器とし、現実化することで多くの人に勇気を与え、流れを生み出す開拓者。
自分らしく豊かに生きる人を増やすために、対等で公平な世界の実現にコミットしている。

2021年3月、YouTubeチャンネル計29万人登録「自分大好きもっちー」と、神楽巣合同会社を設立。
「昭和・平成」の一極集中に偏りすぎていた価値観から「令和」の多様な個性を尊重する価値観へと、人々の生き方や考え方を更新するような事業を多方面から展開中。

橋爪大輔ホームページ
主な事業
  • 教育事業・・・橋爪塾/SNS活用講座/カードリーダー育成講座/ランディングページ作成講座など
  • 芸術事業・・・DAISUKE HASHIDUME LIVE TOUR 2021/合唱ワークショップ/ひとり神社 など
  • 飲食事業・・・八咫烏珈琲 in 京都嵐山/Spiritualist in Residence など
  • 芸術事業・・・DAISUKE HASHIDUME LIVE TOUR 2021/合唱ワークショップ/ひとり神社 など
活動の様子
小さいころに教わった常識は、
どれぐらいぼくたちを幸せにしてくれたのだろう?


・・・


大人になった今、新しい常識を創り直し、
望む世界に身を置けるかは自分次第。

ぼくたちは誰もが自分の人生の創造主で力のある存在なんだ。


いつからだって今からだって、生まれ変わることが出来る。

誰かに何かを言われたからと言って、
貴方の魅力を抑え込まないで欲しい。


失敗しても大丈夫。まずはやってみよう。


未来は自由に設定できる。


自分で「こうなりたい」って決めたら、
あとはそこに向かうだけなんだ。

そういう姿勢を、まずは僕自身が見せていきたい。

誰かの言葉を鵜吞みにするのではなく、
誰かの指示を待つのではなく、

自分で気づいて自分で判断して、

自分で意思決定しよう。



橋爪 大輔

「大ちゃん」の愛称で多くの人を惹きつける橋爪大輔さん

言葉だけではなく行動で見せてくれる大ちゃん
はじめは数多のユーチューバーの中の一人だった彼が
自分らしく生きることで奇跡のような出会いを呼び
行動することで願望を具現化し
ありのままの姿を見せてくれることで感動を生み続ける。

そんな大ちゃんの生き方を知りたい
直に話を聞いてみたいと
東京・大阪・愛知・福岡・北海道など
全国からの依頼で開催したお話会は20回以上。
その活動は音楽にも拡大し
開催したライブは10回以上。
今なお拡大し、人々を魅了し続けています。

お話会の内容は?

ー プログラム ー

13:00 開場
13:30 開会・主催者挨拶
13:45 橋爪大輔さんのお話
14:30 質疑応答・講評
14:50  休憩(10分間)

15:00 音楽ライブ
15:30 閉会


*橋爪大輔オリジナル曲「I shine」を作詞・作曲された
備仲美文さん(通称びんちゃん)が特別出演!!
ピアノ
備仲美文さん
(びんちゃん)

こんな方におすすめ

  • 今の社会に不安や、生きづらさをを感じている人
  • 夢や目標を見つけられず、進路に迷っている学生さん
  • 子育てに悩んでいる人
  • 音楽が好きな人
  • 大ちゃんが大好きな人
  • 夢や目標を見つけられず、進路に迷っている学生さん

皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!

会場ご案内

会場
榎林山 長昌寺
住所
青森県上北郡七戸町鉢森平156-3
アクセス
東北新幹線 七戸十和田駅下車
      (送迎バスをご用意します)
青い森鉄道 上北駅下車 車で10分
上北自動車道 七戸ICから5分



開催に当たっては、感染症対策に十分配慮いたします。

お申込み・お問い合わせは

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

ここまでご覧いただきありがとうございます!

ご返信にはお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。